自宅で筋トレをする時に用意したい3つの道具

 

 

引き締まった体を手に入れたい、ダイエットをしたいなど様々な理由で筋トレを考えるかと思いますが、
いざ筋トレをしようと思った時、なかなかジムなどに通うことが出来ないのでどうしようと困ることもあるかと思います。

 

 

そのようなときには自宅で行う筋トレで代用することも可能です。

 

しかし今度は様々な道具があるため、どれを揃えるかという悩みに直面するでしょう。
悩んだ際は初心者でも扱いやすい道具を揃えるのがおすすめです。

 

 

腹筋ローラーは腹筋に効果絶大

 

 

まずお勧めしたいのは腹筋ローラーです。

 

腹筋ローラーとは車輪に持ち手がついたような道具で、
それを腕立て伏せのような体勢をとって前後に押していくことで腹筋を鍛える事ができるというものです。

 

 

非常に知名度が高い道具なため、一度は目にしたことがあるでしょう。

 

腹筋ローラーは初心者はもちろん上級者も使用できる道具で、
価格も安いものが多いため一つは持っておくのがおすすめです。

 

 

初めは非常にきつさを感じるかと思うので、
まずは膝をついた状態でローラーを前に押し込んだり引いたりするだけでも効果を実感できるでしょう。

 

 

膝立ちをして行う場合には膝が痛くなることもあるため、ヨガマットを用意するのも良いかと思います。

 

ヨガマットは腹筋ローラーとセットで使えるだけでなく、
ヨガや体感のトレーニングをする際にも活躍してくれるので持っておいて損はないかと思います。

 

 

負荷に合わせて選べるトレーニングチューブ

 

 

初心者にお勧めなもののなかにはトレーニングチューブというものもあります。

 

これは一見するとただの細長いゴムなのですが、実は様々な用途に使用できる便利なトレーニング道具です。

 

ゴムが伸び縮みする力を利用して筋肉を鍛えることができるという仕組みで、
例えば両手に持って伸ばすだけでもトレーニングになりますし、
長座体前屈の形をとって足にチューブを引っ掛けることで背筋を鍛えることが出来ます。

 

 

 

更にソファやベッドなどの重い家具に固定することで片腕のみなどのトレーニングができるようになります。

 

 

長さや厚さによって負荷が異なってくるので購入する際には自分に合った負荷のものを探すのが良いですが、
二重にしたりすることで負荷を変えることもできるため、そこまで細かく見て探すこともないでしょう。

 

 

筋トレといえばこれといえるダンベル

 

 

筋トレといえばまず思い浮かべる方が多いであろうダンベルもおすすめです。

 

ほぼ全身のトレーニングに使用することが出来ます。

 

肘を頭の方へ持ち上げるような仕草をするダンベルカールが有名ですが、
その他にも仰向けになってダンベルを上に掲げたあと、腕を開いていくというダンベルフライなどもありますし、
スクワットにダンベルを加えるなど他のトレーニングに組み込むことも可能です。

 

 

様々な部位を鍛えることができるため、女性のダイエットの場合には2キロ程度、
筋肉を鍛えたい男性は重さを調整できるものを購入すると良いでしょう。

 

 

 

この3つのトレーニングを加圧シャツ「ウルトラシックス」を着ながら行うとさらに効果的です。
汗をかきやすくなるので、デトックス効果も高まります。